・・・Postman Cheval ~ 思いつきと習慣がかなえる未来

Why do I began? . . .

The beginning of my story...

なんでこんなことをしてますか?。。。

私のおはなしのはじまり

 


 

 

I also want to live like that. . .

From the encounter with The Story Of "Postman Cheval's Ideal Palace - Hauterives-France".

 

After 10 years,

I went on a journey of France by myself.

(in 2012)

 

 

 

自分もそんな風に生きたい。。。

フランスのシュバルさんのおはなしとの出会いは、子どもたちと呼んだ絵本からでした。それから10数年。。。

小さい頃からの夢が夢のままおわってしまうような気がしていたけれど、なんとなくあきらめたり、明日から始めようかなと思い続けたことに転機が訪れました。

ふるさと福島が大震災で壊れてしまったことを想い、明日ではなく今日から始めようという思いに変わりました。

2011年の秋から絵を描くことをもう一度始めました。

 

他に仕事をしたり、家事の合間に、お話作りを一人でコツコツと続けてきましたが、子供といっしょに読んだ、シュバルさんの城に、どうしても行きたいという気持ちが高まり、2012年にオートリーヴスのシュバルの城にひとり旅しました。

 

シュバルさんが、日々郵便配達の仕事を全うしながら、この世界を自分の夢として造ったお城は、芸術や建築などの専門的な学問をしていなかった彼が、なんと40年構想で造った、とても不思議な空間です。圧倒されつつも、私もできることからはじめたら、いつか実を結ぶこともあるかもしれないと信じることができました。

 


 

フランス オートリーブス 理想宮 2012.11

2012年、偶然いただいた旅行券で、思いきってフランスに一人旅することになりましたが、若い頃の旅行のあと、ずいぶん久しぶりであるし、一人旅ということになると、あーでもない、こーでもないと考えているうちに、半年もかけて準備することになりました。

 

私が一人でフランスに行くことを、賛成し、協力してくれた家族に深く感謝しましたが、海外を一人というのは初めてでしたので、躊躇している間に夏が終わってしまいました。

何人かの友人といろいろ調べました。調べるのが私よりずっと得意だからです。彼女たちは、とても不思議なことにいくつも気づいて私に教えてくれました。そのお城が出来上がったのが、ちょうど100年前であったこともその一つです。限られた予算の中で、フランスはたった3日間。直前のギリギリまで、旅程の確認が必要なこともあり、旅行社の方には、再三の変更やお願いに対してとても親切に対応してくださったことにも感謝を。

 

シュバルさんは、ある日、ふと躓いた石に心ひかれ、持ち帰ったことをきっかけに、ひたすら集めた石とコンクリートでユニークなお城を築きました。

彼は、その石の姿形にどのようなイメージを得たのでしょうか。その奇妙な形をした石は、今もそのお城に残っていて見ることができました。

実際に見てみて、興味深い造形に驚きました。

それは、一般的に、美しいとか、ユニークである、という一言で言い表すことのできない、より科学的な感覚で訴えてくるもののように思えました。その土地の成り立ちや地質。与えられた環境の中で長い時間かけて出来上がるもの。

 

そこから生まれてくるイマジネーションは、遠い異国の歴史や未知の世界の生態系。実際に見たり触れたりしたことのないけれど、きっとどこかに存在するに違いない、植物や生き物たちを想像することに、つながっていったのではないかと想像しました。

 

彼は、将来への40年構想で始めて、大変な困難と出会いながら、決してあきらめずに完成させました。世界中の生き物や文化を融合させた不思議な建築です。人間の想像力の豊かさと、モノを造る力のものすごさを感じます。というのも、シュバルさんは一生自分の地元から外に出ることがなかったようです。毎日が歩き続ける旅のような生活だったのでしょうか。テレビもパソコンも、写真ですらほとんどない時代です。本にすら絵が少ない時代でしょう。どうやって、想像していったんだろう。人の想像力は面白いです。

 

ひとり旅をささえた悪戦苦闘の旅ノート~フランス語ばっかりの電車とバスの乗り換え、現地で電車のチケットを購入しながら解読した時刻表、一つ間違えば、そこでUターンもありの旅でした。

 

 


全くもって、この時の旅で私が発揮したクソ力というか、衝動を実現してしまったパワーの源というのは、あとあと考えても、いったいどこから生まれたのだろうかと不思議な導きを感じます。

この時の旅程はギリギリで、しかも語学の壁や思いもしないトラブルが次々とやってきて、ほとんどのことは、結局現地の人たちの助けによって可能になりました。

携帯が突然使えなくなったり、電車が止まってしまったり、バス乗り場を探したり、いろいろな人たちに声をかけて助けを求めました。そのたびに、不安で困っている私に対して、できる限りのことをして助けてくれた、一人ひとりの方たちへの感謝は、今も一番の思い出として心に残っています。

それは、私が実現したい夢そのものにも言えることです。人は、認識するかどうかにかかわらず、多くの人の助けをもらって歩いていることを、道を踏みだすたびに思います。(後記)

 

少しずつ専念できる環境になりつつあります。(再編集2020年4月)

 

シュバルさんのお城に行った思い出から時間が経って、さらに多くの情報も得ることができました。興味を持って世界を見ると、すごいすごい、あちこちに。長い時間埋もれるようにして、静かに夢を形にした方たちがいます。

どうやって一人でこんなものをと思います。

 

2019年、シュバルさんの映画ができたようです。多くの人が彼の生き方に何かを得るでしょう。私のしようと思っていることなど、ささやかです。

かなえてみたいと思います。そして、たくさんの人の夢もかないますように。

 

2020年、新型のウイルスのパンデミックにより、世界の表情が全く変わってしまいました。とても不幸なことが起きています。今までとは違う生き方を始めることになるのでしょう。思考や行動を変えていくということ、その中でも、自分で積み上げていくことのできる未来もきっとあるはずです。

 

思いついたことを形にしていくことは、気づいたら習慣的に生活の一部になりました。時代ごとにたくさんの困難なことが起こります。明日も同じ一日であるということもありません。

絵を描いたり、おはなしを綴ったり、手製本で形にしていくことはとても時間がかかりますが、毎日、できることをするだけ。

急ぐこともなく、ただ、その日その日を努めていくこと。

たぶんそれが、私の思いをかなえるひとつの方法なのだと思います。