PROFILE

 

 kosuzugiyo (1963-)

 

YOKOHAMA

 

The picture I draw becomes a story.

Wait for the day when someone

who wants to open this book appears.

 

2021.kosuzugiyo

 

 

 

これは、私が両手で温めてきたおはなしのおはなし

 

私は幼い頃から、物語を作り、絵を描いて作品として完成させたいと思い続けていました。

20代から、印刷会社、企業の広告宣伝の仕事をしたり、イラストやレイアウトの仕事をしたりしました。子育て中は、読み聞かせのボランティアをしたり、扶養内外で事務やカフェで修行したりして(将来、多要素のワーキングスペースを考えて)過ごしました。

2011年、私の国日本の大震災では大きなショックと悲しみがありました。私は子育てが一段落し、若くなかったけれど、それまでと違う考え方が生まれました。明日から始めればいいと、毎日思い続けたことを、今日から始めることにしました。はじめは、スキルアップとしてラフ画を鉛筆画やペンタブレットを使用してフラッシュアニメーションやブログ、いろいろなSNSに参加して試してみました。

鉛筆で描き続けることを決めてからは、絵本を自分で作るために手製本を勉強して、絵本そのものをお話にしようと考えました。

10年前、全くのゼロであった私の世界は、外の仕事も続けながら、このホームページを育てること、絵や手製本の制作を続けることで、シンプルな形で少しずつ膨らんでいます。2021.1

 



2012年

わたしもそんな風に生きたい。

フランスのシュバルさんのおはなしとの出会いから10数年

フランスのオートリーヴスのシュバルの城に

ひとり旅することができました。

長い間かけて、人生でひとつの成果をあげるということを目指しています。

 

2013年

絵本を作ることをめざして、yo-cobakoで活動。

仕事のかたわら制作にいそしむ毎日。

 

2014年 9月 東京 グループ展初出展。

2014年秋  絵本制作のために手製本を学び始めました。

 

 

 2014年~幸せなニュース

~おはなしフェスティバルのお手伝いについて

挿し絵を提供してきました。

2014年秋から、毎年のおはなしフェスティバルの

公認キャラクターになりました。

ご好評いただいて、動画配信にも使用していただきました。

出演者のみなさまありがとう。

 

2015年 6月 作品出展/NY「大江戸丸」色鉛筆

2016年~ まるみず製本コンクールに毎年出品

出品情報は、下の写真をクリックしてください。

 

2017年 12月 

30数年前に手描き壁画の原画となった絵の復刻版原画を

収蔵していただきました。

2018年4月 復刻壁画を展示

 

ペンネームをkosuzugiyoに変えました。

このホームページもkosuzugiyo.comに。

 

2019年 私小さなアトリエができました。

2019年8月

Jimdoさん公式サイトで、このHPをご紹介下さいました。

絵を再開以来、HPを少しずつまとめてきました。

ながい間サポートしてくださり感謝してます。

 

【まるみず作品展】毎年出品

【THE LIBRARY展 2019 in TOKYO~】Toki Art Space 初出展

【THE LIBRARY展 2020 in KYOTO~】初出展

【Book Lovers展 2020 MOTOYA~】初出展

※上記出展については、Twitterで告知しています。

 

 

 

Material for drawing ~ 画材 

My Favorites

 紙とえんぴつが大好き

 

 

Colored pencil

FABER-CASTELL/very nice dark colors

STAEDTLER/soft touch with water

TOMBOW IROJITEN/wonderful colors

FELISSIMO 500COLORES/beautiful imagination

REMBRANDT-POLYCOLOR /hard touch


Pencils

UNI, Mitsu-Bishi, Tombo, FABER-CASTELL

Liquitex & pastel

Various papers

 

 

the other tools

Pen tablet & Application softwares

 

 

 


 このウエブサイトに掲載されている、

文章、写真、ストーリーを含むコンテンツを利用した

類似サイトや、無断転用等については承認しません。